MK日記。-プランを考えるだけ考えてみる。

プランのたたき台のイメージ
プランのたたき台のイメージ
 
一昨日はAさんに話を聞いたと書いたけど、出かける前にバンドの活動プランの素案を作っていた。エクセルで月ごとの枠を作り、デモの制作時期からリリースまでの予定をプロットしたものだ。
何を記載すべきか悩んだが大きく、制作、ライヴ、プロモーションでとりあえず分けた。
 
◼︎制作
・デモの制作
・デモの公開、テストマーケティング
・レコーディング、マスタリング
・リリース
 
◼︎ライヴ
・テストライヴ
・お披露目ライヴ
 
◼︎プロモーション
・バンドコンセプト策定
・プロモーションコンセプト策定
・各種制作
・プロモーションテスト
・本制作
・広報
 
などなど。
 
メンバーからは、ライヴをガンガンやるようなバンドというより、まずは作品ありきで勝負したいとのことだったので、彼らが表現したい世界をいかに作り込んでいくのか、あとそれをどうやって戦略的にPRしていくのかがポイントになりそう。
 
まだ具体的なものはないけど、仮で全体の流れやフレームを作っておくと準備や作業がしやすいかなと思って。プロジェクトベースでものごとを進める場合、僕はこういう月別のプロットを作ってから、日別に落とし込んだ詳細プランを組むことが多い。まあこれは人によって違うと思うけど。
 
今の段階では何も決まっていないので、このくらいで十分かな?。忙しい人が多いから何かしら素案がないと検討しづらいと思うし、やんわりとしたプレッシャーになるといいなと思ったりね(笑)。
 
ただこうやって落とし込んでみると、時間が案外ないことに気付く。
リリースをいつにするかによるんだけど、インディーズだし予算もないので思い切った宣伝は難しい。となると重要なのは広報活動になる。音源を作ってリリースするだけ・・・なんてことには絶対にしたくないんだよね。それだったらメンバーだけでもできること。僕が一緒になって頑張る意味というのは、平たくいえばメンバーにはできないこと、それはプランニングの部分だったり、地道かつ戦略的な広報宣伝活動の部分なのだろうと思う。例えばファンが気になるようなネタをしこんで、バズを引き起こす仕掛けをしながら楽しんで音楽を聴いてもらえるようにするとか、ね。
 
いずれにせよ人脈が大事だから今のうちからあちこちに人間関係を作っておきたい。自主的に動いてメンバーに提案をできるようにやっていきたい。いい音楽だからって売れるわけじゃないのはさんざん見てきているので、大事なのは対象となる音楽を好きな人にいかに届けられるかだと思っているから。
 
 
若干やる気が空回りしているポプシクリップ。です☆
 
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...