公式直販サイト「ポプシクリップ。ダイレクトストア」開設にあたって

 

公式の直販サイト「ポプシクリップ。ダイレクトストア/Popsicle Clip. DIRECT STORE」を開設することにしました。

 

インディーズ雑誌「ポプシクリップ。マガジン」や「ミオベルレコード」の作品、その他関連アーティストの作品やグッズなどを取り扱います。先に申し上げておきますが、私たちが制作している作品に理解を示し、応援してくださっているレコード・CDショップなどのご販売店様でも、原則これまで通りお買い求めいただけます。ご販売店様とはこれまで通り共存・共栄という方針のもと、読者・リスナーの皆様には入手経路が一つ増えた、とお考えいただければ。

 

公式直販の運営については、これまではあえて避けてきました。雑誌や音楽CD・レコードは定価販売が基本で、どこのお店でも等しく同じ価格で読者・リスナーの皆様にお届けができるからです。他の業界では当然のごとく起こっている、流通間の競争施策による価格下落などを考える必要がなく、言いかえれば自分でやらなくても、餅は餅屋ということで、既にある全国のご販売店様に委託することが、特に有志で運営しているちっぽけな我々のような立場(ほぼワンオペ)においては、経済的にも理に適っています。直販をやる意義はもちろんありますが、イベントでの手売り以外については、それほど重要視はしてきませんでした。

 

しかしながらパンフレット、それが発展した雑誌を作り始めて7年、CDやレコードなどの音楽作品をリリースするようになってから3年が経ちましたが、日々その厳しさを感じてはいます。想像以上に売れないなあ、というのがオーナーとして感じる素直なところです。特に私達が手がけているような音楽ジャンルは世間の流行からも少し離れたところにあると言わざるをえないですし、そもそも流行を追うようなことは一切しないという方針を貫いているため、ある意味自分で自分の首を絞めているのは理解した上で、それでも理想を追求しながらインディペンデントで音楽家に投資を続けていくためには、少しくやり方をアップデートしていく必要があるとも考えています。好きなことを続けることはやはり大変ですが、そこから得られる喜怒哀楽をはじめとした言葉にならない様々な感情は、他に代えがたいものであるのです。

 

改めて申し上げておくと、私は立場上編集長でもありレーベルオーナーも担ってはいますが、自分自身はどこにでもいる、普通の音楽ファンでもあり、その感覚を持ち続けることを意識しています。ポプシクリップ。を始めて10年以上経ちましたが、相変わらずストリート・チームの精神で運営しています。これまで私自身は1円たりとも利益を得てはおらず、売上などは経費を除いて全て音楽家や協力してくださっている方々に還元しています。イベントの謝礼も赤字のときは全額負担、黒字のときは全額出演者に還元していますし、パッケージの売上の利益も全額次回作へ再投資しています。赤字は自らの責任、黒字は音楽家の賜物、このスタンスを今後もできる限り続けていきたいと考えています。

 

新型肺炎の感染拡大が続き、ここ数カ月イベントも全て中止になりました。またお世話になっているレコードショップも軒並み休業を余儀なくされており、一部の通信販売サイトでの販売はあるもの、販売が大幅に落ち込んでいるのはポプシクリップ。も例外ではありません。投資回収ができないことは、それにより音楽家、エンジニア、スタジオ、ライブハウス、デザイナー、プレス会社、カメラマンなど音楽を支えているあらゆる方々への影響が出ますし、何よりファンの方が楽しみにしている次回作のリリースにも影響が出てくるのは言うまでもありません。

ここで、公式直販サイトをスタートする目的についてお話させていただきます。

主に2つありまして、1つ目は「(新型コロナでライブやイベントでの収入が当面見こまれない中)収支を改善し、音楽家への還元や再投資をより多く行いたい」、2つ目は「作り手からお客様に直接価値をお届けすることの意義を改めて考えていく必要がある」という点です。

 

1つ目について、これまで公開したことがなかった現状のポプシクリップ。マガジンやミオベルレコードに係る大まかな投資費用についても交えながらお伝えします。都合上%にしていますが、計算すれば実数値も大体わかるでしょう。

 

上記は一般的な書籍の制作・流通コストと、ポプシクリップ。マガジンの場合の比較です。私自身は利益をとらないので人件費の支出は少ないのですが、その分を他の経費に充当していることもあり、完売後の収支が1%、トントンです。流通コストが大手出版社に比べると高いのは、これは実態としてはどうしようもありません。販売規模が小さいこともあり、デザイン費などの固定費も相対的に高くなってしまいますが、ギリギリで赤字にはならずにすんでいます。もともと利益が目的ではなく良い音楽を伝えることが目的なので、赤字にならなければいいというスタンスでこうなりました。

上記は関係者へのヒアリングに基づき、大手レーベルの新人アーティストが6曲入りのデビューミニアルバムを制作した場合※と、ミオベルで6曲入りのミニアルバムを制作した場合との実績比較です。変動要素が多々あるため一概には言えないのですが、販売規模の問題でミオベルでは固定費の投資割合が相対的に高くなります。(ミオベルの制作費の平均は4割から5割、MAXでは65%を占めたこともありますが、その場合は手売りを増やし流通コストを極小化して収支をあわせています)さらに粗利益から印税も支払うため、このケースではミオベルの場合、完売しても赤字です。しかし私の人件費は0円ですみますし、音楽家が必要と考えるプロの制作環境を提供することを大事にしたいと考えているため、多少の赤字はやむをえないと考えています。また大手レーベルでは関わっている人間も多いため、人件費もたくさん必要ですから、印税と合わせて差し引いたらほとんど手元には残らないのは恐らく同じです(1万枚以上販売するような人気アーティストは除く)。

<豆知識>

・メジャーの場合、近年新人では制作費と宣伝費合わせて150万~200万円程度が相場です。期待値が高いアーティストは新人でも500万程度予算がつく場合もあります。余談ですが1980年代後半にフリッパーズ・ギターがデビューしたころはミュージック・ビデオだけで2,000万円、90年代から00年代の新人アーティストの制作費・宣伝費は1,000万円を超えることもざらでした。現代はパソコンと音楽ソフトがとても安価になったおかげで個人でも技術と機材を揃えれば、メジャークオリティにある程度近いかたちで録音ができるようになったために、オーケストラの録音といった生楽器を多数必要とする場合を除き、コストのかかる大きなスタジオは不要になりました。近年有名なレコーディングスタジオが次々と閉店しているのはそのような時代背景があります。一方で小規模のスタジオを立ち上げる個人のエンジニアも増えているほか、アーティスト自身が自宅にスタジオを作るケースも増えています。とはいえ、電源や防音、空間、何より機材の問題があり、余程の方でない限り、個人の音楽家でプロのレコーディングスタジオ同等の機材をそろえることは難しいので、クオリティを求めるならばスタジオでの録音が欠かせません。一般的な事例としては、ヴォーカル、ドラム、ストリングスやブラスなど、空間での鳴りが必要なパートはレコーディングスタジオで録音し、ギターやベース、シンセサイザーなどの打ち込みは宅録でも遜色ない音質で録音できるので、使い分けることで予算をおさえます。ギターでもライン接続ではなく、アコースティック・ギターやアンプを通して音の鳴りを綺麗に録る場合は、スタジオを使う方が多いです。

ミオベルレコードは小規模な有志レーベルですから、正直大手のような潤沢な予算というものはありません。それでも、音にはできる限り拘りたいと考えており、ご関係の方々のおかげで、大手レーベルの作品と比べても遜色ないクオリティには仕上がっています。(ここでいうクオリティとは、楽曲やアレンジの良し悪しではなく、音の良さを意味しています)